Blog スタッフブログ

MacOSアップデートでUSBディスプレイが使えなくなった件

Category | Blog
Tag | /
/ 619views

こんにちは。
エンジニアの松村です。

7月になりましたね。

7月1日付で弊社は事務所を移転いたしました。
新事務所があるのは、旧居留地内でも有名な商船三井ビルです。
非常に歴史ある建築物で、外観だけでなく建物内部からも歴史が伝わってきます。
事務所内は移転直後という事もあり、まだスペースも余っていますが、これからどんな色に染まっていくかが楽しみです。

ちなみに僕の誕生日も7月1日でした。
ありがとうございました。

さて、今回のブログはMacのUSB拡張ディスプレイについてです。
普段、Macを使う際には拡張ディスプレイを2枚繋いでいます。

1枚はThunderboltで、もう1枚はUSBで繋いでおり本体含めトリプルで使用していたのですが、ある日を境ににUSB側の拡張ディスプレイが映らなくなってしまいました。
その原因と解決方法についてご説明したいと思います。

Table of contents

  1. USB拡張ディスプレイについて
  2. 原因はOSアップデート
  3. 最新ドライバ + AirPlayで元通りに
  4. OSアップデートについて
  5. おわりに

USB拡張ディスプレイについて

まず、USBで使うディスプレイについてご説明します。
Macで拡張ディスプレイを使うには、機種に元々備わっているディスプレイ用の端子を使用しますが、更にもう1枚ディスプレイを追加する場合、USB端子を使用する事が多いかと思います(最新機種除く)。

USBでディスプレイを拡張するには、各メーカーから発売されているアダプタが必要になりますが、そのアダプタの多くはDisplayLink社製の部品が使用されており、またドライバも同社のものをインストールして使います。

原因はOSアップデート

ここからが本題です。
そこそこのペースでやってくるMacOSのアップデート。
春ぐらいだったと記憶していますが、10.13.4のアップデート通知が来て何も考えずにアップデートをしたのでした。
すると、USB側の拡張ディスプレイが真っ暗に!

ダウングレードすれば元に戻るのですが、肝心のバックアップを取っておらず酷くヘコみました。
すぐに最新のドライバがリリースされるの期待していましたが、「重要な情報」として発表されたお知らせには、

Mac OS 10.13.4をインストールすると、DisplayLinkドライバv4.1を使用しているときにOSアップデート後にDisplayLink接続ディスプレイが空白になります。拡張ディスプレイは、macOS 10.13.3で期待どおりに動作し続けます。この機能が必要で、まだ更新していない場合は、macOS 10.13.3以前のバージョンを使用することをお勧めします。

※chromeで翻訳した内容を掲載しています。

アップデートした事を更に悔やみました。

最新ドライバ + AirPlayで元通りに

ようやく拡張ディスプレイに対応したドライバがリリースされたのは、5/31の事でした。
このドライバはあくまでBeta版であり、回避策としてAirPlayを使用しUSB拡張ディスプレイを有効にするといったものです。

では、AirPlayの設定についてご説明します。
設定前にDisplayLinkのサイトより最新ドライバをインストールしてください。

最新のドライバはLatest欄の一番上にあります。
※2018/7/1時点では「4.3 Beta5」が最新です。

インストールが完了したら、次はシステム環境設定 > ディスプレイからAirPlayの設定を行います。

「配置」タブをクリックし、各項目を確認してください。

  • 「ディスプレイをミラーリング」にチェックが入っていない
  • 「AirPlayディスプレイ」> DisplayLinkが選択されている
  • 「使用可能な場合はメニューバーにミラーリングオプションを表示」にチェックが入っている

システム環境設定での変更は以上です。

この設定後、メニューバー上にAirPlayのマークが表示されますので、それをクリックして「個別のディスプレイとして使用」を選択します。
これで、再び拡張ディスプレイとして使用する事が可能です。

USB拡張で使用できるのは今のところ1枚だけ

7/1時点での内容となりますが、今回のドライバはあくまでBeta版であり、USBディスプレイとして拡張できるのは1枚のみです。
複数使用する場合は10.13.3以前のバージョンに戻す以外は無い様です。

OSアップデートについて

これは当たり前の事ですが、アップデート前には必ずバックアップをとりましょう(汗)
バックアップさえとっていればTimeMachineですぐにダウングレードする事が出来ます。

今回の件に限った事ではありませんが、アップデート自体も慎重にすべきだったと反省しています。
DisplayLinkでは、最新のドライバリリースがあった際にお知らせを受ける事が出来ますので、最新OSに対応したリリース内容を確認してからアップデートした方が安心ですね。

お知らせ受け取るには、DisplayLinkのページ内「Get Notifications」よりサインアップしてください。

おわりに

いかがでしたか。
ツイッターでも同じトラブルにあっている方を割と見かけたので、助けになればと思いブログテーマとして取り上げてみました。
正直、OSアップデートでディスプレイに影響が出るとは思ってなかったので、自分の認識をあらためるいい機会でした。

皆さんもアップデートは慎重に。

Category | Blog
Tag | /
Author | Taku Matsumura / 619views

Company information

〒650-0024
神戸市中央区海岸通5 商船三井ビルディング4F

Contact us

WEBに関するお問い合わせは
078-977-8760 (10:00 - 18:00)