Blog スタッフブログ

無料のGmailからGsuiteへの移行方法 (Chromeへのユーザー追加、パスワードや閲覧履歴の移行方法)

Category | Blog
Tag | /
/ 4,625views

G Suite

明けましておめでとうございます。ウィルスタイルの片岡です。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて既に昨年のことになりますが、弊社は12月にGoogleのG Suiteを導入いたしました。そこで今回は、無料のGoogleサービスからの移行方法をご紹介いたします。

Table of contents

  1. Google「G Suite」とはどんなサービスか
  2. 移行方法01 Gmail
  3. 移行方法02 Googleカレンダー
  4. 移行方法03 Google Chromeへのユーザー追加
  5. 移行方法04 Google Chromeに保存したパスワード
  6. 移行方法05 Google Chromeの閲覧履歴
  7. おわりに

Google「G Suite」とはどんなサービスか

GmailやGoogleカレンダーを使われている方は多いですが、G Suiteはそれらのビジネス版です。
また管理者機能があるため、ユーザーごとにアクセス権限を決めたり、ファイルごとに公開設定をすることができます。

月額の利用料などについては、こちらの公式サイトをご覧ください。

G Suite 公式サイト

弊社が頻繁に使うアプリの、無償版との違いは下記の通りです。

Gmail

導入に至った一番の理由は、メールの受信タイムラグをなくすためでした。

弊社はメールクライアントとしてGmailを使っています。
独自ドメインを無償版で利用すると、メールを送られてから受信するまでに、最大時間約1時間かかります。G Suiteは独自ドメインを利用することを前提として作られているため、ほぼオンタイムにメールが届きます。

Googleカレンダー

以前から、社内のスケジュール管理はGoogleカレンダーで行っていました。

G Suiteにすることで予定編集画面の、「ゲストを追加」にすぐ他の社員が表示されるようになります。小さな事かもしれませんが、弊社では頻繁に使う機能なので、日々便利さを感じています。

Googleドライブ

Googleドキュメントやスプレッドシートなども、よく利用しています。

プランによって異なりますが、ベーシックプランでも1ユーザー当たり30GBの容量を、保存することができるようになります。

移行方法01 Gmail

ここから具体的な移行方法をご説明します。まず、Gmailで受信したメールを移行する方法について。

1. 管理者権限でログイン
2. 管理画面内「データの移行」をクリック

GSuite管理画面

3. 右下の丸い黄色いボタン「ユーザーの追加」をクリック
4. 表示された手順で進めると、簡単に過去のメールを移行することができます

G Suite メール移行

移行方法02 Googleカレンダー

次にGoogleカレンダーの移行方法について。

1. Googleカレンダーの設定を開く
2. サイドメニュー内の「インポート/エクスポート」をクリック

G Suite Googleカレンダー

3. 移行元で「エクスポート」
4. 移行先で先程保存したファイルを「インポート」
5. 前のカレンダーに登録していた予定が、新しいカレンダーに表示されます

※ 社内で共有していたカレンダーは、再度追加設定を行ってください。

移行方法03 Google Chromeへのユーザー追加

Google Chromeに新しいユーザーとして、G Suiteのアカウントを追加する方法について。

1. ブラウザの右上のユーザーのマークをクリック
2. 「ユーザーを管理」をクリック

Chromeユーザー追加

3. 「ユーザーを追加」をクリック
4. ユーザー名を入力し、アイコン画像選択
5. 「追加」をクリックすると、ブックマークや拡張機能などを変えて、ブラウザを使うことができるように

Chromeユーザー追加02

移行方法04 Google Chromeに保存したパスワード

先程追加したユーザーに、以前のユーザーとして保存していたパスワードを、移行する方法です。

1と2の操作は、移行元と移行先、共に行ってください。

1. URLへ「chrome://flags/#password-import-export」を入力しアクセス
2. 「Password import」を「Enabled」へ

G Suite パスワード

3. URLへ「chrome://settings/passwords」を入力しアクセス
4. 「保存したパスワード」の右にある、「その他の操作」ボタンをクリック

G Suite パスワード02

5. 移行元で「エクスポート」
6. 移行先で「インポート」

移行方法05 Google Chromeの閲覧履歴

例として、Macでの移行方法をご紹介します。

1. 以下のファイルをコピー

Machintosh HD/ユーザ/(ユーザ名)/ライブラリ/Application Support/Google/Chrome/Default/History

2. 以下のファイルへ上書き保存

Machintosh HD/ユーザ/(ユーザ名)/ライブラリ/Application Support/Google/Chrome/Profile 2/History

おわりに

お客様がメールを送ってくださった後に、その内容についてお電話くださることがございます。以前はお電話を頂戴した時に、まだ届いていないということがありました。

G Suiteに移行後メールがサクサク届き、仕事がスムーズに進むようになったと感じています。

今なら14日間は無料で試せるようなので、一度お試しされてみてはいかがでしょうか。

Category | Blog
Tag | /
Author | Suzumi Kataoka / 4,625views

Company information

〒650-0024
神戸市中央区海岸通5 商船三井ビルディング4F

Contact us

WEBに関するお問い合わせは
078-977-8760 (10:00 - 18:00)