株式会社 灘商会 www.aichler.jp

Category | Works

Credit

Account Director : Kousuke Sakaguchi
Director : Shiori Ikehara
Designer : Kanako Oji
Engineer : Taku Matsumura

神戸で暮らし神戸を大切に
思う人たちのための家づくり

阪急六甲駅近くにお洒落な事務所を構える灘商会様。 設計士の奥様と個性溢れるご主人様のおふたりで、不動産業、建売住宅ブランド「AICHLER(アイクラー)」の運営をされていらっしゃいます。
ハイセンスな事務所内は「ベトナム戦争時に実際に使用されていたチェストや椅子」「古い船舶に使用されていたアンティークランプ」など、家具や小物ひとつひとつがそれぞれのストーリーを持っているとのこと。

灘商会様の家づくりは「地元の方に認めてもらえるような神戸に馴染む家をつくり、神戸という街の価値を上げていきたい」ということをコンセプトに、土地の歴史や地名の由来を知ることからはじまります。そのため、AICHLERのすべての家には、それぞれのストーリーがあり「住む人の人生がよりよくなるように」という想いが込められています。特に神戸市灘区周辺は狭い敷地が多く、いかに無駄を削ぎ落として魅力的な家にできるかといったところで熟達した技術と知識が求められます。
実際の施工事例を拝見しても、一風変わったお洒落な内装ながらも機能性は損なわず、使いやすい間取りが多く、「ただお洒落」なだけの家ではなく、住む人のことを1番に考え、細部までこだわっていることが分かります。

今回は、AICHLERのウェブサイトを弊社にてリニューアルをさせていただくこととなりました。

devices

スタイリッシュで個性的
さりげないこだわりを

今回は灘商会様の素晴らしい設計デザイン力や理念が伝わるサイトにすることをコンセプトに制作いたしました。
ファーストビューは家をモチーフにしたユニークで大胆なデザインで印象的にしています。また、サイト内のすべての画像は実際に施工した住宅のお写真を使用させていただきました。家だけではなく、人物が入っている写真を多く使い、温かみを感じるサイトになるよう心がけました。フッターイメージにはAICHLERのシンボルである船舶ランプのお写真を採用しています。また、神戸らしい住宅をつくることをコンセプトにされているところから「Design for Our Town Style.」のキャッチコピーをご提案させていただきました。

まるで設計図を作成しているかのような動きを表現しており、お客様も大変気に入ってくださいました。

device-pc
device-sp

更新のしやすさを重視したカスタマイズ

WORKSでは施工事例を手軽に更新できるよう、WordPressを導入しカスタマイズを施しております。本文箇所は「STORY」「DETAIL」「PROBLEM」「SOLUTION」と各4つの項目にテキストを入力するだけでレイアウトが自動で生成される仕様となっております。各スライド画像にはストロングポイントを説明できるように、コメントを追加できます。 ブログお知らせはシンプルな仕様となっており、公開後もコツコツと更新してくださっています。

works
works

リニューアル後はアクセス数も快調

公開後間もなくクリップサイトに紹介されたこともあり、アクセス数が飛躍。クリップサイトからの流入が落ち着いた今でも順調で、約100アクセス/月に対して、公開後は1400アクセス以上/月となっており、公開後にまめにブログや施工実績を更新してくださっている効果が現れております。

また、物件に設置する会社案内パンフレットの制作もご依頼いただきました。「もっとWebで情報を見てみたい」と思ってもらえるデザインとなるよう冊子ではなくシンプルなカード型で、情報を盛りすぎず、コンセプトやアクセスのみのシンプルな構成でご提案いたしました。さらにWebへの流入の増加が期待できます。 今回のリニューアルによって、AICHLERの魅力をひとりでも多くの方にお届けし、灘商会様の更なるご発展に寄与できれば幸いです。

Instagram
works

Company information

〒650-0024
神戸市中央区海岸通5 商船三井ビルディング4F

Contact us

WEBに関するお問い合わせは
078-977-8760 (10:00 - 18:00)