たくみ養心堂鍼灸整骨院 www.takumi-youshindo.com

Category | Works

Credit

Director : Kousuke Sakaguchi
Director :Taku Matsumura
Designer / Engineer : Mineo Okuda

東洋医学の知識に精通し
鍼灸治療を得意とする鍼灸整骨院

今回は大阪府茨木市のたくみ養心堂鍼灸整骨院様のサイトリニューアルを担当させていただきました。
院長の藤崎先生は鍼灸・整骨の専修学校をご卒業後、漢方専門のクリニックへ18年間勤められ、南茨木のこの地で開院されました。
治療に不可欠である東洋学的に食・養生指導も行います。

先生の診療の特長は「患者様個人の体質やお悩みの症状や、痛みの原因を知る」患者様へ丁寧な問診・望診・聞診・切診(診る、聞く、問う、触れる)といった四診による総合した診断を中心に治療をされています。 また小児はりも得意としており、夜泣き・かんむし・夜尿症・アトピーなどのアレルギー症状をお持ちになっており、お子様にはなるべく薬は使いたくないとお考えのご家族様が多く来院されています。

ご紹介や口コミにより、遠方から多くの患者様がご来院されているのも、先生のモットーである、丁寧な問診や鍼灸診療のスタイルが支持を得ているからだといえます。

devices

フラッシュサイト改修により
直帰率離脱が大幅に改善

サイトリニューアルの大きなポイントは前回制作時に、TOPページへ導入していたFlashコンテンツの改修と、 スマートフォンへ対応するということ。
Google Chromeが、Flashコンテンツをすべてデフォルトで無効化することを発表し(2017年4月現在:Flashコンテンツはユーザー自身の判断によって再生する事が可能です。)モバイルフレンドリーであることも推奨しています。

5年前に制作されたWEBサイトは、スマートフォンユーザーのアクセス数が半数を超えていたが、スマートフォンへ非対応であった為、検索エンジンにも最適化されず、アクセス数の減少や、ユーザービリティーの低下から直帰率(ユーザーが閲覧を始めたページ(※主にTOPページ)から他のページに移動することなくサイトを離脱した割合)も高くなっていました。
今回は、レスポンシブウェブデザインにてサイト構築し、Flashコンテンツも全て廃止しHTML5にて全ブラウザーからストレスなくアクセスできるように制作させていただきました。

device-pc
device-sp

動線を意識したTOPページで
ページビューも前年対比で約150%の向上

写真画像の素材撮影では藤崎先生の普段の診療風景が伝わるように、実際の患者様にご協力をいただきました。
撮影ということを意識せず、実際の診療中の風景を撮影させていただくことでよりリラックスした患者様の様子に自然と「笑顔」の多く先生と患者様の距離感が伝わる写真が多くなりました。

診療案内については、ユーザーが分かり易く直感的に診療内容へたどり着けるように、アイコンと共にメガドロップメニューを採用しています。
TOPページからの動線も良くなるように構成しており、公開後の3ヶ月のページセッション率(アクセス後に見たページ数)が1.89ページから3.39ページへと改善され、ページビュー(アクセスしてから見たページ数)も前年対比で約150%の向上となりました。

voice-pc
voice-sp

フランクな内容のブログ記事は
患者様とのコミュニケーションツールにも

お一人お一人との何気ない気さくな会話から患者様との距離を縮め、食生活や普段の日常生活を丁寧に聞診しておられます。
今回はWordPressを導入し「お知らせ・院長ブログ・スタッフブログ」とカテゴリーを設け、院長先生もお忙しい中コツコツとブログの更新をいただき、さらに患者様とのコミュニケーションツールとなるようなフランクな内容で、先生自身も楽しみながらブログを更新してくださっています。

休診日には、より良い治療法の勉強のため関東までセミナーへ参加されたりと、妥協なく「よりよい治療法」を追求されている ストイックな先生の姿勢に、私達も感化されるところもあり、とてもよい刺激をいただきました。

voice-pc
voice-sp

Company information

〒651-0087
神戸市中央区御幸通 8-1-6 神戸国際会館 22F

Contact us

WEBに関するお問い合わせは
078-570-5755 (10:00 - 18:00)